Your web-browser is very outdated, and as such, this website may not display properly. Please consider upgrading to a modern, faster and more secure browser. Click here to do so.

投資を楽しむ(ネタ帳)

ブログの記事にするかもしれない雑多なメモ

料理人は、当たり前のことではあるけれど、長い時間をかけて仕込みをして、私たちに完璧な料理を出そうとしてくれる。私たちに食べ手もまた、完璧なものを食べたいのであれば、それと対峙できるだけの覚悟で食事に臨みたい。料理を堪能するとは、そういう知的格闘でもあるはずだから。
— 辻芳樹「和食の知られざる世界」

1 リアクション Tags: グルメ


2 リアクション Tags: 人生論


もし愛が、相互の利益の交換とは考えられず、利益を生む投資としてかなり前もって計算されたものでないとすれば、愛とは真に、偶然に対して寄せられた信頼なのです。
— アラン・バディウ「愛の世紀」

Tags: 恋愛


  1. 20世紀的な報酬― ビジネスで当然のものだとみんなが思っている動機付けは、機能はするが驚くほど狭い範囲の状況にしか合いません。
  2. If-Then式の報酬は時にクリエイティビティを損なってしまいます。
  3. 高いパフォーマンスの秘訣は、報酬と罰ではなく 見えない内的な意欲にあります。自分自身のためにやるという意欲。それが重要なことだからやるという意欲。

Tags: TED


日本列島では地震や台風によって定期的に物が壊れるから、万里の長城やピラミッドに象徴されるような、完成を目指す文明をつくるよりは、20年に一度つくりかえる伊勢神宮に象徴されるような、プロセス自体を目標とする文化を形成してきたんじゃないでしょうか。
— 萱野稔人・神里達博「没落する文明」

Tags: 日本文化


いまは読者な経験や知識よりも、顧客の要望に応じていかに適切に検索するか、その能力こそがビジネスにおいて重要になっているということです。だからこそ、たえず新しい検索ワードを手に入れる必要がある
— 東浩紀「弱いつながり」


思いもよらないところから飛び出すビジネスアイデアが、広告で築き上げる価値よりもはるかに速いスピードで既存のブランドを食いつぶす。
— 電通デザイントーク Vol.1


特別な時に美を求めるより、平常の生活に美を即せしめることが何より大切です。この要求に応ずるものこそ民藝であるというのが私の答えなのです。
— 柳宗悦「美の国と民芸」


素行が悪く、心が乱れていて百年生きるよりは、徳行あり思い静かな人が一日生きるほうがすぐれている。
愚かに迷い、心の乱れている人が百年生きるよりは、知慧あり思い静かな人が一日生きるほうがすぐれている。
怠りなまけて、気力もなく百年生きるよりは、堅固につとめ励んで一日生きるほうがすぐれている。
— ブッダの真理のことば 感興のことば(ウダーナバルガ第24章)

5 リアクション


真の恋がどんなに稀でも、真の友情よりはまだしも稀ではない。
— ラ・ロシュフコー

2 リアクション Tags: 恋愛


世間のつきあいでは、われわれは長所よりも短所によって人の気に入られることが多い。
— ラ・ロシュフコー

9 リアクション


Tags: 鎌倉


人間は何かに夢中になっているとき、「時間」からはみだしてしまうのではないか。事に熱中しているとき、私たちは一日を二十四時間に区切る規則的な時間の枠組みから飛び出し、いわば不意に拡大された「持続する瞬間」の領域に入り込んでしまうように思う。そういう瞬間は、時というものの濃密なエッセンスを実感させる。充実した瞬間は、時間の中の「別の時間」ではないのか。私たちの日常生活は、その瞬間をいかに多く実現できるかによって、充実もし、空虚にもなる。
— 大岡信「瞬間が時間ではないこと」

2 リアクション Tags:


今を生きるのが人間であり、今を行き続けるしかないのが人間には違いないが、今だけを思って生きることは、所詮、私には不可能のようである。
— 竹西寛子「今」


人は生きていて、本当に自分は生きていると感じるような場合は、誰の一生でもそういつも恵まれるものではない。
— 大佛次郎「生きている時間」